代謝アップで太らないカラダを若くする呼吸法

 

代謝アップで太らないカラダを若くする呼吸法

脱毛サロン

代謝アップして、太らなくて、心に効く、女のカラダを若くする呼吸法があったらどうしますか?

 

雑誌でそんな記事を目にして、ついつい読み込んでしまいました。

 

生きていくうえで欠かせない呼吸は、1日でおよそ2万回もあるそうです。

 

でもストレスやデスクワークが原因で、呼吸が浅くなっている女性が多くなっているとか・・・

 

通っているヨガのイントラからも、呼吸が浅くなっているみたいですねってよく言われます(汗)

 

呼吸が浅くなることで、カラダの不調にもつながりますし、心の不調の原因にもなるようです。

 

脱毛サロン

振り返ってみると、呼吸が浅くなっている時には、いろいろの問題が起きているような気もします。

 

だから意識的に行う呼吸法を身につけて、普段の呼吸を深くしたいものですよね。

 

呼吸だったらどこでも手軽にできますし(というかしないわけにはいきませんけど)、それでカラダも心も整えられる健康法だったら活用しないわけにはいきません。

 

最近は呼吸が浅くなっていることを指摘されてから、寝る前には仰向けになって、お腹を膨らませて息を吸って、お腹を凹ませて息を吐くという呼吸を続けてから寝るようにしています。

 

パソコン病なのか、睡眠障害になって、睡眠薬を飲まないと寝れなくなってしまったからです。

 

少しでもゆっくり寝ようと意識したのが呼吸でした。

 

寝る前に呼吸を整えることで、少し効果があるように感じています。

 

普段は忘れていますけどね・・・

深い呼吸をするためには

ダイエットエステ

しっかりした深い呼吸をするためには、良い姿勢でいることが大事なんだそうです。

 

油断するとなんとなく猫背になってしまうので、胸が圧迫されて呼吸が浅くなってしまうとのこと。

 

腹式呼吸は背筋が真っすぐな状態でしかできませんからね。

 

普段から胸を開く意識を持って、イイ姿勢でいる必要があるってことですよね。

 

スポーツジム等に行っても、息を止めないでって言われますよね。

 

お腹に力を入れたり、お尻に意識を持っていったりすると、呼吸が止まってしまうことが多いようです。

 

深い呼吸をしながらストレッチやエクササイズをしたほうが代謝の上がり方もいいので、運動する機会には心がけたいですよね。

 

運動をするときにもそうですが、緊張すると呼吸は浅くなりがちです。

 

何かを真剣に読んだり見たりすることも、息をつめてしまうことも・・・

 

何気にしている呼吸も、いろいろな状況で変わっているってことですよね。

4つの呼吸法

脱毛サロン

雑誌に呼吸法に精通する女性のインタビューが掲載されていました。

 

不調知らずとか、不安が和らぐとかって言葉が目に付きます。

 

今の自分に必要なのは呼吸法なのかもと思わされる思いです。

 

LLPB呼吸法

 

お腹を膨らませて吸う・・・右手を胸の上に、左手をお腹にあてて、姿勢をまっすぐにして立ちます。鼻から息を吸いながら、お腹を膨らませます。行きは全部吸いきらずに半分までにします。

 

胸を膨らませて吸う・・・残りの息を鼻から吸いながら胸を膨らませます。吸いきったところで2〜3秒息を止めます。左手も右手も持ち上がるのを意識します。

 

全部吐く・・・最後はリラックスしてゆっくりと全部息を吐きます。できれば鼻から吐きます。上手くいくようになったら、座りながらでも、手を添えなくても行えるようになります。

 

ZEN呼吸法

 

仙骨が立ったら、柔らかいバターが頭上にあるとイメージして、鼻から息を吐き出すとバターが溶けて大脳を覆い、次に鼻から吸って吐くと小脳を覆うというように、一息ごとにバターが内臓全体を覆っていくイメージで繰り返します。

 

前に押し出し仙骨を立たせる・・・仙骨をあてた手を、手首を支店に指先をグッと前に押し出して腰を立たせます。下腹部に力が入るのを感じます。

 

骨盤の中央、仙骨を手のひらで覆う・・・尾骨に手をあてて、尾骨から1、2センチほど上にある仙骨にスライドさせて、お尻を後ろに付きだします。

 

足裏に均等に体重をのせる・・・脚を腰幅に開いて、左右の足の親指と小指、かかとの内側と外側に均等に体重がのるように意識します。

 

宮廷21式呼吸法

 

気の通り道である経絡の中で、胃腸の働きを良くする胃経の通りが良くなるので、胃腸の気血のめぐりが促進されてお通じがスムーズになります。新しい気を食べて、古い気を排泄するとことが健康の基本と考えられています。

 

両足をそろえてリラックス・・・肩や首を回すなどをしてカラダの余分な力みを取ってから両足を揃えます。

 

手を卍に上げて息を吸う・・・卍の形になるように左手は上、右手は舌に向けて鼻から3秒かけて息を吸います。この時に肩が上がらないように注意します。

 

息を吐きながら骨盤を横へずらす・・・口から息を吐きながら、骨盤を右側へスライドします。肩は水平のままです。

 

さらに息を吐いてお腹からひねる・・・骨盤を右側にずらした状態で、さらに息を口から吐きながら上半身を右にひねります。これを3回行ったら、反対側も同様にやっていきます。

 

腹横筋が働く呼吸

 

ボールをみぞおちの下と机の間に挟む・・・直径20センチ前後のエクササイズボールに7〜8割空気を入れて、みぞおちの下と机の間に挟んで、上半身を前傾させます。吸う時は除コツとわき腹が横に広がって、吐く時は縮まるのを実感します。ボールの代わりにバスタオルを挟んでも同じ効果があります。